えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物関係など趣味の雑記帳です。

ヘイルマンのまだ見ぬ能力 … !?

さて
キン肉マン 244話 ですが

 

マリポーサ 
空中殺法から関節技に移る
ルチャの基本的な流れに沿った
攻撃で圧倒しています。

 

これに対してヘイルマン
マリポーサの速攻を
受けるばかりでしたが
このまま終わるほど
軟ではありません。

 

リザードハンドからの突破口で
得意の氷結攻撃を展開し
マリポーサの動きを封じます。

 

ここまでは序盤戦らしい
フライングクロスチョップ,脇固め,
“ 毒針 ” エルボー といった
組み立て技の応酬で
小気味よく進んできました。

 

しかし ヘイルマン
氷結地獄で勝機が見えたところに
隙が出たのか

f:id:agentaki007:20180501002139j:plain

 

フリーズスクリューレーン から
リザードブレード ではなく
氷の部分でない肘による
“ 毒針 ” エルボー を打ち込みます。

f:id:agentaki007:20180501002130j:plain

 

まあこれが
スタン・ハンセンならば
エスタン・ラリアット前の
勝利への布石となるエルボーですが

f:id:agentaki007:20180501002133j:plain

ヘイルマン の場合は
明らかに慢心から来るものでしょう。

 

“ フリーズスクリューレーン ”
ついても
直線のほうが
より加速がつくと思うんですが
螺旋を描いて減速させての
エルボーですからね―。

 

“ 驕れる者久しからず ” の如く
マリポーサ
モクテスマ・ディフェンスで
逆転の狼煙を上げられてしまいます。

 

ただ予想するに
ヘイルマンも
逆転を許して
このまま簡単な敗北はなく
もう一展開あるよな
気がするんですよね―。

 

まだまだお互いに
能力を出し切ってないような
感じがします。

 

ところで
ヘイルマン の造形なんですが

 

グレートマジンガーのような
からは
“ 突風 ” ならぬ “ 雹 ”
吹きました。

f:id:agentaki007:20180501002136j:plain

 


グレンダイザー
クラッシャーパンチ のような
リザードハンド

 f:id:agentaki007:20180501002127j:plain

 


といったように
部分的には
機械的なところがありますが

 

ハエトリグモ のような
一部が大きくなっている
複数の “ 単眼 ” ? のような眼

 

そして
冷たそうな身体には似つかわしくない
変温動物の両生類的というか
アトランティス を思わせる
水棲超人のような皮膚

 

この辺りから
まだ見ぬ能力が
出てくるんじゃないかと
思うんですよね―。

 

今回の最後で
マリポーサ 
モクテスマ・ディフェンス
出したので
次回は
ヘイルマンの氷が
溶かされそうですが

 

その水棲超人的な皮膚感から
実は水にも強く

そして
ハエトリグモのように
動くものを捕らえる能力にも
長けてそうな気がします。

 

モクテスマ・ディフェンスに
対抗する
ヘイルマンの能力や如何に。

 

その前の
マリポーサの
炎の攻撃によって
氷から一気に水蒸気となり
炎に包まれたヘイルマンは
身体の水分を奪われ
燃え尽きて
このまま敗北してしまうのか !?

 

GW以降の
解き明かしの
楽しみに待ちましょう。

 


以上
読んでいただき
ありがとうございました。