えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物など趣味の雑記帳です。

特撮

コーヒーロボットと第四惑星の悪夢

コーヒーマシンと連携した人型ロボット「ペッパー」が顔認証機能を活用して顧客の顔を覚え好みのコーヒーを提供するサービス「ロボカフェ」が試験的に導入されたそうです。 これはソフトバンクロボティクスがネスレの「バリスタ i」と連携し7月19日~8月2日…

MACは弱いと言うけれど・・・

ウルトラマンレオの魅力 初期のウルトラマンレオ はMAC隊長 の “ モロボシ・ダン ” がマグマ星人らの攻撃によりウルトラセブン への変身能力を失い地球を守ることができなくなった代わりに同じくマグマ星人らの攻撃により故郷を失った L77星人の若獅子レオ …

ウルトラセブン研究書の雑感

大手町に紀伊國屋書店があります。 以前,この近辺に勤務していたので昼食を取り終わった後の昼休みの余った時間や 仕事終わりに よくこの書店に立ち寄ってました。 この書店は 大手町のビジネス街にあるので 品揃えも法務や金融関係 その他には ビジネスマ…

『獣人雪男』ゲテモノとしての怪獣映画

映画『獣人雪男』の公開当時の批評を当時の新聞で見つけました。 読売新聞の記事ですが酷評をされているんですよね 。 記事の前半部分は映画のあらすじなので途中から後半部分を引用します。 “ 雪男 ” なる名が一つの流行であり,また「ゴジラ」以来のこの種…

『 獣人雪男 』 映画と小説の相違点

前回の記事映画『 獣人雪男 』のストーリー を書く上で本編の映像を見た後に東宝特撮映画の資料や原作となった香山滋の小説を参考にして情報を付け加えていった。 すると推敲しているときに何か違和感があることに気付いた。 映画『 獣人雪男 』は未だDVD化…

映画 『獣人雪男』 ストーリー 

この物語は雨が降る中駅舎で汽車を待っている東亜大学山岳部のグループが山岳地帯の秘境で遭遇した事件について取材に訪れた新聞記者にその内容を回想しながら語る場面から始まる。 正月の休暇中東亜大学山岳部の5人は銀世界に囲まれた冬の山に登りスキーで…

緯度0大作戦( LATITUDE ZERO )の面白さ

緯度0大作戦 英語版タイトル LATITUDE ZERO は 僕が大好きな映画の一つで 何十回と見ました。 何十回と見たのは DVDを購入してからで それまでは DVD化が困難とされた いわゆる“ 封印作品 ”といわれる 映画でした。 2006年にDVD化される前は この作品を リア…

ブラックホール第3惑星人の企て

メカゴジラ2部作考 ブラックホール第3惑星人は 『 ゴジラ対メカゴジラ 』と 『 メカゴジラの逆襲 』の2作に渡り 地球侵略を狙う宇宙人です。 前回でも述べましたが 『 ブラックホール第3惑星人 』という ちょっと長い名前は。 太陽系の第3惑星である『 地球 …

ゴジラとメガゴジラの “ 陽と陰 ”

メカゴジラの逆襲考Ⅱ 『 メカゴジラの逆襲 』では オープニングで 前作『 ゴジラ対メカゴジラ 』の 両雄の戦闘のシーンを流し 前作との連続性を強調しています。 本作では 前作で音楽を担当した 佐藤勝 氏に代わって 前期のゴジラシリーズの音楽を 牽引して…

チタノザウルスの形態と動きについて

メカゴジラの逆襲考 チタノザウルス は 映画 「 メカゴジラの逆襲 」 に登場する 怪獣 ( 劇中の設定では「 恐龍 」 ) です。 そのフォルムは 首が長く とはいっても 実在したとされる “ ティタノサウルス ” は ブラキオサウルス のような カミナリ竜 でし…

キングシーサーは何故強くないのか

ゴジラ対メカゴジラ考 琉球アズミ王族の守護獣 キングシーサーの能力の特徴は プリズム眼になっている 一方の眼から 敵の放った光線を吸収し もう一方の眼から 威力を10倍にして発射する 特殊能力を持っています。 その他には 動きの俊敏性など 通常の動物が…

ゴジラ対メカゴジラ 批評

ゴジラ対メカゴジラ考 序説 怪獣特撮映画は 怪獣の特撮シーンと 人間のドラマとで構成されています。 映画『 ゴジラ対メカゴジラ 』での 人間側のドラマは 宇宙人とロボット怪獣の脅威から 沖縄(日本)を守るために 伝説の守護神キングシーサーを 復活させ…