えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

器物超人の戦い!

さて
今週のキン肉マン 222話 ですが

 

カナディアンマン
ティーパックマン同様
涙しながらの惨殺
となってしまいました。

 

f:id:agentaki007:20171023153115j:plain

 

ヘイルマン
パイレートマンともに
結果として
六鎗客
残虐な公開処刑
お披露目 された
といったところでしょう。

 

それと
パイレートマンは
まだまだ技を温存してそうな
気がするんで
次の試合が期待できそうです。

 

場面変わって
次の対戦はどうやら
ベンキマン VS ギヤマスター
のようです。

 

ところで
この ベンキマン
なんといっても
表情 がいいんです!

 

“ 無表情で頭にウ●コ ” という
シュール さがたまらないんですよね。

 

ギヤマスターにも
指摘されている通り
ティーパックマン
カナディアンマン
感情が顔に現れていましたが

 

ベンキマンは
顔色ひとつ変えない
ポーカーフェイス。

 

f:id:agentaki007:20171023153119j:plain

 

でも
負けるとなると
やはり
泣きの表情になるんでしょうかね?

 

そのベンキマンの試合ですが
器物超人同士の戦いとなりました。

 

f:id:agentaki007:20171023153122j:plain

 

金属ボディーギヤマスター
これに対し
陶器ボディーベンキマン

 

そして
ギヤマスター 
おそらく繰り出されるであろう技で
胸のギヤによる
“ 呪いのローラー ” のような
巻き込み技
対して
ベンキマン便器流し

 

ギヤマスター の頭に注目すると
尖った頭を回転 させて
モーターマンのような
フライングヘッドバット 
出るだろうと思います。
これに対し
ベンキマン にも
頭のウ●コを回転 させて
繰り出す
フライングヘッドバット があります。

 

このように対比させると
両者とも
同じような技 を持っていて
しかも
ベンキマンのスペック を
すべてギヤマスターが上回っている
といった状態です。

 

そして
超人パワーの差

 

だから
単純に考えれば
ベンキマンに
勝ち目はなさそうなんですよね。

 

でも
パイレートマンのように
どんな技が出てくるのかわからない
といった
未知なる楽しみがありましたが

 

ギヤマスターは
形態からして
技が見え見えで
想像できちゃうんですよね。

 

先ほど述べた
ギヤの回転からの
巻き込みによる粉砕と
尖がり頭を回転させての
フライングヘッドバット
それから
左右のギヤの回転による
マックス・ラジアルのような
ドリフト・タックル。
さらに
ギヤを分裂させて
駒のように弾き飛ばす。

 

まあ
こんな感じでしょう。

 

とすると
仮にベンキマンを破ったとしても
第二戦のワクワク感が
まったくないんですよね。

 

だから
ベンキマンの勝ちかな。
と思ったりしますが・・・。

 

でも
ベンキマンの
勝ち方も読めないんですよね。

 

ギヤマスターを便器に流しても
ミスターカーメンのように
金属の身体で
ベンキマンのボディーが
破壊されるような
気がするんですよね。

 

それから
ギヤっていうのは
硬く加工してありますが
異物が噛みこんだりすると
すぐ欠けてしまって
案外もろいんですよ―。

 

だから
ベンキマンが
何か噛みこませて勝つ。
というのが考えられるけど
糞尿を噛みこませても
反対に滑りが
よくなりそうですよね。

 

なので
この試合は
試合内容は読めても

 

仮にベンキマンが勝つとしたら…
テリーマンのように
身体をボロボロにされながらの
勝利だと思いますが。

 

どうやって勝つのかが読めない。

 

そこは
ゆで先生のアイデア
期待しましょう。

 

でも
単純に
ベンキマンの
陶器ボディーが粉砕されて
終わりかもね。

 

しかも
ベンキマン
カナディアンマンたちと同じく
もう
“ ハア ハア ” いって
息切れしてるみたいだし・・・。

 

f:id:agentaki007:20171024000505j:plain


次週以降の
試合展開を
楽しみに待ってましょう。

 


以上

読んでいただき
ありがとうございました。