えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物など趣味の雑記帳です。

崇高なるオメガの完璧超人 !?

さて
キン肉マン 265話 ですが

 

スグル VS パイレートマン
お互いにわかり合うための
本気の勝負が始まりました。

 

カナディアンマン戦では
積極的な攻撃は見せずに
カナディアンマンに持てる力を
120%出させた上で
あっさりとこれを一蹴して
勝利してしまったので
パイレートマンの引き出しが
ほとんどわかりませんでしたが

 

スグル戦では打って変わって
スピード感のある展開に
なっています。

 

そして
破格の8000万パワーに加え
ジャケットから繰り出される
ギミックで
本気モードのスグルの技を
ことごとく返し
全く寄せ付けません。

 

さらに パイレートマン 
マグネットパワー的な力
備えているようですが

 

そんなパワーは
使わないことを宣言し
スグルに対し
ストロングスタイルの勝負 
望みます。

 

彼らオメガの民の目的

1.マグネットパワーの入手。
2.火事場のクソ力の入手。
3.神々への復讐。

にあるようなので

 

ここは相手が
火事場のクソ力の権化でもある
スグル ということもあり
本物の “ 火事場のクソ力 ”
どういったものなのか
見極めたいということで
そちらを優先して
マグネットパワーを
敢えて封印したとも考えられますが

 

やはり
中途半端で邪道な
マグネットパワーを使ってまで
勝ちたくはないとして
マグネットパワーを使わないと
宣言したのではないでしょうか。


パイレートマンの
これまでの言動は
筋の通った発言ですし
敵ながら
かなりの人格者のように映ります。

 

マリキータマン “ 柔 ” ならば
パイレートマン “ 剛 ”
といったところでしょう。


である フェニックス
王位争奪戦では
小細工が多く
器の小ささを感じましたが


真の力勝負を挑む
パイレートマンたちには
“ 気高さ ”  を感じますし
サタンと手を結んでいるとはいえ
その スピリット
下賎な ネプチューンキング などでは
到底及ばない
“ 崇高なる完璧超人 ”
そのものと感じます。

 

パイレートマン
ジワジワ来ていて
退場させるには
惜しいキャラになってきましたよね!


そういえば
パイレートマン
カナディアンマン戦で

 

吾輩は
掠奪を生業とする
海賊の血を引く超人で
海賊の名において
試合では常に相手の
最も大事な宝を
奪い取ってきた。

 

と言っています。


カナディアンマン 戦では
“ 誇り ” を奪い取るという
あまりにも抽象的すぎて
海賊キャラが
拍子抜けしてしまいましたが


今回は
掠奪するものが具体的で
ハッキリと宣言しているので
海賊超人のキャラも立ってきて
その真骨頂を見せてくれることでしょう。


スグル
“ 海賊 ” パイレートマン
最も大事な宝である
“ 火事場のクソ力 ”
掠奪されてしまうのか !?

 


この先は
再来週以降の解き明かしを
楽しみに待ちましょう。

 

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。