えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物など趣味の雑記帳です。

背後にある最終目的 !?

さて
キン肉マン 264話 ですが


オメガの民が求めているものが
明らかになりましたね。

 

これまでの話で
大方見当はついていましたが
遂に当事者 パイレートマン の口から
地球に来た三つの目的
明かされました。

 

一つ目
風前の灯となっている
自分たちの住む星
オメガ・ケンタウリを
再興させるために
必要な力とされる
“ マグネット・パワー ” の入手。

 

二つ目
オメガの民自らに活力を与え
再び繁栄させることが可能と
考えられるパワー。
“ 火事場のクソ力 ” の入手。

 

そして最後
かつては地球で繁栄し支配していた
祖先たちを
“ 宇宙の辺境の地 ” へと追いやり
地球の覇者として君臨してしまった
完璧超人始祖の首領
“ ザ・マン ”  をはじめ
全ての  “ 神 ”  を倒し
復讐を果たすこと。

 

つまり
オメガケンタウリという
“ 領土 ”
そこに住む
“ 人民 ”
そして
超人の支配者である
ザ・マン以下の神々を破り
支配権を奪取したいという
“ 権力 ”
ということです。

 

領土,人民,権力 とは
いわゆる
“ 国家の三要素 ”  ですね。

 

パイレートマンは理知的なので
紳士的に話していますが

 

キモの部分
三つ目の
ザ・マン以下神々の打倒
ということです。

 

マグネット・パワー
火事場のクソ力 を手に入れ
神々を打倒 したとしたら
目的達成
そのままオメガ・ケンタウリに帰り
星を再興して
メデタシなのでしょうか?

 

いやいや
今回はパイレートマンの口から
直接明かされてはいませんが
元々は地球の支配者だったので
力を増した
オメガの民を引き連れて
地球を乗っ取りに来る
“ 地球移住計画 ” 
企てているような気がします。

 

六鎗客の背後に
オメガの民がどのくらいいるのかは
わかりませんが
仮に地球規模の人口が
存在しているならば
その人数が移住してくるとなると
ただ事ではありません。

 

移民の受入れにも
限界がありますよね。

 

そうなると “ 共存 ” も難しく
支配権の話になるので
“ 全面戦争勃発 ” ということです。


六鎗客の口調が穏やかになり
態度が軟化したようにも思えますが
初めに言っていた目的
「 地球の超人皆殺し 」

 

そして
ウルフマン 
救いの手を差し伸べたとき
ルナイト がこれを拒否して
死を選んだ理由。

 

さらには
神々と対極 にある
サタン と手を組んだこと。

 

これらの行動を考慮すれば
パイレートマンは
細かく三つの目的を挙げましたが
一言でいえば
オメガの民の最終目的 
“ 地球侵略 ” および “ 覇権統治 ”

 

これが 背後にある
大きな目的であると考えられます。


オメガの民に力を与えて
地球に攻め込まれて
戦争が勃発する前
これを未然に防ごうとして !?
フェニックスたち神々 
出てきたとすれば合点がいきます。

 

また
公平な ジャスティスマン 
オメガの民の動静を
窺っているようでしたが
彼らの最終目的が明白になれば
ザ・マンの下を離れたとはいえ
“ 地球防衛 ” の観点から
利害が一致するので
オメガの民の粛清 
参戦するのではないでしょうか。


と,まあ
今後の展開は
僕の想像にすぎませんが・・・。

 

でも今の試合を見る限りでは
パイレートマンが
いいキャラしていて
ここで退場させるには
もったいない気がするし

 

マリキータマンや
パイレートマンが
今のように
正当性を主張していると
彼らに肩入れしたくもなりますよね。

 

そうなると
このあと
ジャスティスマン
アタル兄さん
出づらくなってしまうので

 

アリステラたちの最終目的が
明らかになれば
物語が大きく動くんでしょう。

 

このように
“ 地球侵略の布石 ” と考えると
アリステラたち六鎗客
完璧超人の構成同様
オメガの先兵部隊 
第二団が
次に控えているのかも !?

 

といったことも想像できますね!


この先は
ゆで先生のみが真実を知る領域なので
今後の展開はさて如何に!

 

それは
次回以降の解き明かしを
楽しみに待ちましょう。

 

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。