えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

団時朗と資生堂MG5のCM

f:id:agentaki007:20170624233609p:plain

MG5(エムジーファイブ)と聞いて
懐かしいと思われる方は
ミドルのジェントルマンだと思います。

 

この商品は
懐かしいというか
全盛期よりは
商品の種類が減りましたが
現在でも
販売している息の長い
男性化粧品ブランドです。

 

僕は今でも MG5 を愛用していますが
MG5“ MG ”
「 Modern Gentlemen 」 の略。
そして “ 5 ”
「 ベタベタしない 」
「 テカテカ光らない 」
「 ソフトに仕上げる 」
「 栄養を与える 」
「 簡単に洗い落ちる 」
といった
「 5つの特長 」
意味だそうです。

 

なので
発売当時は
若年層をターゲットにしていて
価格も BRAVAS(ブラバス)あたりと
くらべると廉価で
買い求めやすくなってます。

  f:id:agentaki007:20170624233433j:plain

 BRAVAS(ブラバス)アフターシェーブローション1,058円

 

ただ
MG5 を使い続けている
当時は “ 若者 ” だった愛用者
今では 年齢を重ねて
“ オヤジ ” になっているので
現在では
“ オヤジブランド ” の代名詞
といったところでしょうか。

 

それと
全盛期ほど
店頭で見かけなくなったせいか
もう無くなったのでは
と思っていた方もいるはずです。

 

僕もそうでした。
10年以上前のことですが
板橋区のちょっとチープ感のある
商店街を歩いていたとき
ドラッグストアの店頭に
この “ MG5 ” が5種類ほど
並んでまして
まだあったのかと思って

「 スキンコンディショナー 」

  f:id:agentaki007:20170624233437j:plain

「 アフターシェーブローション 」

  f:id:agentaki007:20170624233441j:plain

( 各 540円 )を購入しました。
 安いですよね ―。

 

MG5
低価格 というのもうれしいですが
僕はこの
「 アフターシェーブローション 」
“ 匂い ”
たまらなく好きなんですね!

 

今の若者には 匂いが合わない
という人もいるようなんですが

何と表現していいのか
いわゆる
“ 昔の床屋の匂い ” というか
“ オヤジがつけてる匂い ”
というのか

僕より少し下の世代の人には

“ お父さんがつけてた匂い ” のする
やつですよね・・・。
… ってまだあるんですか?

と言われたことがあるので

どうも若者には
そういった認識らしいんです。

 

でも
「 アフターシェーブローション 」
つけたときには香りがしますが
揮発性が高いので
すぐに香りは飛びます。


その他に
MG5 の特徴 である
ラベルのデザイン

黒をベース に 銀の文字
黒と銀を格子状にした
ギンガムチェック
市松模様 」風

モダンであるが
時代に左右されない
黒と銀を基調 にした
オーソドックスで単純なんだけれども
インパクトがあって印象に残る

そんな感じの模様が特徴で
このデザインは
社内デザイナー 杉浦俊作 氏
によるものだそうです。


それから
“ MG5 ” といったら
何といっても
団時朗 ” のCM でしょう。

f:id:agentaki007:20170624233423p:plain


資生堂 CM - MG5 【ヘアトニック】- 1967

 

“ マンダム ”
チャールズ・ブロンソン
“ 漢 ” 感全開でいいんですが

f:id:agentaki007:20170624233428j:plain


マンダム CM (1970年) チャールズ・ブロンソン 男の世界


“  団時朗  ” 
スマートですよね !

f:id:agentaki007:20170624233633p:plain

それと
このCMには
カラーで撮られたものもありますが

f:id:agentaki007:20170626005809p:plain


資生堂 CM - MG5 【整髪料】- 1969

 

“ MG5 ” の特徴的
黒と銀のモノトーンのデザイン
際立たせるために
色の情報を押さえた
モノクロのCMの方が
より印象に残ります。

f:id:agentaki007:20170625011826p:plain


資生堂 CM - MG5 【ヘアリキッド】- 1968

 

また
音楽やナレーションも
モノトーンな感じで
映像を邪魔をしないで
商品によりインパクトを与えるような
作りになっています。

 

この当時の
化粧品もそうですが
タバコやアルコール類のCMに
特に印象があるのですが

映像や音楽
そしてコピーや演出,編集など
それぞれに才能が詰まっていて
それらが短い時間に
すべて凝縮されていて
ドラマを見ているようなCMや
とにかく脳裏に焼き付く
インパクトのあるCMが多く
作品としての質が高かったですよね!

 

これらのCMも芸術作品ですね!

 

こういったCMも
映画やテレビ番組と同様に
多くの作品を
アーカイブとして保存し
色々な形で
容易にアクセスできるように
していただきたいなと
思っています。

 

それから
“ MG5 ” のはなしに戻りますが
団時朗 ” 氏 には
グレート・デン が合いますよね。

f:id:agentaki007:20170625003748p:plain


資生堂CM - MG 5 - 1968

 

グレート・デン
背( 体高 )の高い犬として有名ですが
団時朗 氏だから
犬を連れている感じが出ているので
絵になりますが
普通の人だと
犬に連れられている
感じになってしまいます。

 

ところで最近は
犬を連れている人を見ることが
昔より増えた気がしますが
グレート・デン コリー
ボクサー秋田犬 などの
大型犬はてっきり見なくなりました。

 

僕の家の近くにも
昔は 秋田犬コリー
エアデール・テリア といった
大型犬を飼っている家がありましたが
近頃はマンション住まいが増えたことも
あるだろうし

大型犬はしつけを誤ると
制御がきかなくなって
凶器になる危険性があるので
犬は飼いたいけど
しつけは大変だし

スピッツ のように吠えるようでも
近所迷惑になるので
吠えない犬。

 

そういった需要から
ミニチュアダックス などの
今人気のある同じような犬種で
まとまっているのかなと思います。

 

それでは最後に
団時朗MG5 のCMのほかに

草刈正雄渡辺貞夫
資生堂 ブラバス ヘアリキッド (1979)

このCMがまた
2人の個性が出ていて
オシャレで余裕のある
ダンディーな演出なんですよ
もちろん ナベサダ の曲
Down East

f:id:agentaki007:20170625034708j:plain

( アルバム「 Morning Island 」 )
も最高で
映像,音楽,台詞と
すべてが印象残る
僕の大好きなCMでなんですよね!

 

f:id:agentaki007:20170624233640p:plain


資生堂 CM - ブラバス ヘアリキッド - 1979


~ 参考文献 ~

MG5物語

MG5物語

 
MORNING ISLAND

MORNING ISLAND

 
資生堂のCM vol.1 1961-1979 [DVD]

資生堂のCM vol.1 1961-1979 [DVD]

 
資生堂のCM vol.2 1978-1999 [DVD]

資生堂のCM vol.2 1978-1999 [DVD]

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。