えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物など趣味の雑記帳です。

大魔神 ! カレクック !!

今回の捲土重来ステージで
カレクックが
残虐超人へと回帰し
マーラレスリングのテクニックと
残虐ファイトを加えた攻撃で
今のところ
マリキータマンを圧倒しています。

 

このカレクックのパワー
本人自身が
友情パワーは意地でも出さない。
それに
そもそも出し方を知らない。
と言っていますが

 

スグルのパワー
カレクックのパワー
義憤という
発動の源泉は同じであっても
質が違うような気がします。

 

スグルの友情パワー
苦を抜き,楽を与えるという
慈悲のパワーですが

 

カレクックの場合は
怒りにまかせて
その矛先の相手を
取り込むのではなく
破壊するパワーです。

 

普段は
子供たちにも好評の
カレーを提供している。
温厚なカレクックですが。

 

形相を変え
“ 怒り ” モードが点火した。

f:id:agentaki007:20171214165530j:plain

 

言うなれば
大魔人的パワー ”
といったところでしょうか。

 

今のところは
この “ 怒りのパワー ”
によって
攻め立てています。


外伝でもあるように
カレクック
怒りを抑えられず
修行途中で堕落してしまいます。

 

したがって
頭載格闘技の術は会得していますが
精神の部分が未完成な
外道となってしまったということから
スグルのパワーのように
如来菩薩
究極の “ 陽 ” のパワー
ではなく
未完成な “ 陰 ” のパワー
です。

 

しかし
パワーの源は
ほかの正義超人と同じということと
スグルとの対戦で
スグルのパワーに感化されているし
散った「 3人の仲間のため 」
とも言っていることから
友情パワー
合わせ持っていそうです。

 

これにより
頭載格闘技の本流からは
外れてしまいましたが
その後の戦いや
スグルをはじめとする
正義超人との出会いなどを経て
会得して収斂されていった
今のポリシーが
他の残虐超人や正義超人とは異なる
独自で築き上げた
カレクック道 なんだと思います。

 

スカイマンはそこに
カレクックの真の姿
見たのかもしれません。

 

果たして
今回の戦いでそれが出て来るのか。

 

あるいは
アトランティス
ロビンマスクの正義超人のパワーに
感化されながらも
最後まで
悪魔超人としての矜持を貫徹して
引き分けに持ち込んだように

 

カレクック
残虐超人としてのプライド
クールに貫き通すのか。

 

こういった辺りが
見所の一つでしょう。


まあ,少なくとも
カレクック
これまでのペーソスを交えた経験は
ホットカレーペーストの味に
活かされているようで。
こちらのほうは
子供たちの人気からし
完成品に近いような気がします。

 

f:id:agentaki007:20171214165758j:plain

 

一方
ティーパックマン紅茶には
そういった
“ 深み ” のある隠し味
まだ足りておらず
「コク」,「キレ」,「風味」などが
発展途上の段階であり
カレクックのカレーに比べて
経験に差があったんでしょうね。

 

f:id:agentaki007:20171214165753j:plain

 

ただ
ティーパックマンも散りはしましたが
今回の戦いで得たものは大きく
「 味 」,「コク」,「深み」などが
大幅にアップしたことは
間違いないでしょう。

 

それはともかく
来週以降が楽しみですね。

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。