えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物など趣味の雑記帳です。

クイズ王の勉強法とクイズの番組の雑記

昔放送されていたクイズの番組を

今改めて観ていると

色々と参考になるものがあります。

 

その一つに

クイズ王と呼ばれた方々が  

どういった勉強をしているか

ということです。

 

まずは

第1回 アメリカ横断ウルトラクイズ

優勝者 である

松尾清三 氏 の 勉強方法です。

 

クイズ番組のオールドファンならば

松尾さんの名はほとんどの方が

知っているのではないでしょうか。

 

この方法は

第1回史上最強のクイズ王決定戦

( 1989年11月14日 )で

放送されていたものです。

 

松尾 氏

クイズ番組の出場が決まると

“ 新聞などから

  クイズに出そうな記事をチェックし

  問題形式にして

  カセットに吹き込んで聞く。”

という勉強方法が紹介されていました。

 

資格試験,大学受験の勉強や

研修などでも

問題を作って解く作業は

頭によく定着する方法 だと思います。

 

番組では他に

森田敬和 氏

クイズ番組を録音した

カセットテープを

仕事の合間に聞く方法。

 

大木一美 氏

多くのクイズ番組を録画し

クイズの本を読む方法。

 

これらは

資格試験や大学受験勉強的には

“ 過去問を何度も回す。”

といったところでしょうか。

 

その他には

水津康夫 氏

あらゆるジャンルの本を

ひたすら読むこと。

これは 司法試験勉強的に言えば

“ 基本書を回す ” ということでしょう。

 

このように

名だたるクイズ王の勉強方法が

紹介されていました。

 

クイズといっても

試験と全く関係ないものではありません。

 

公務員や行政書士試験などの

一般知識問題の

時事や歴史,政治経済の問題は

出題の的が絞りにくく

雲を掴むようで

得点の確実性に

欠けるところがありますが

クイズ好きは

こういったところを得意としています。

 

それと

マスコミ関係の就職を

希望している方たちにも有効ですね。

 

これらを見ると

クイズの勉強といっても

資格試験や大学受験の勉強法と同様で

かなり効用がある

ということがわかります。

 

それから

要は

勉強しなければいけないのではなく

勉強( クイズ )が

好きでしょうがないレベルになると

どんどん頭に入るということです。

 

そして

“ 繰り返す ” ということでしょう

 

ところで

現在の素人参加のクイズ番組は

アタック25

くらいしかありませんが

1970年代~1980年代 には

クイズグランプリ

アップダウンクイズ

世界一周双六ゲーム

ベルトクイズQ&Q 」

三枝の国盗りゲーム 」 などなど

多くの素人参加の

クイズ番組がありました。

 

懐かしい~。

 

どうでもいい話ですが

私が以前

お茶の水界隈で仕事をしていた頃

水津康夫 氏 を何度か

神保町で見かけたことがあります。

 

扇子を片手に持っていましたよ!

( わかる方は

 コアなクイズファンですね! )

 

それと

アメリカ横断ウルトラクイズ

全国高等学校クイズ選手権

問題集の大部分は

手放してしまいましたが

 

★ 水津康夫のクイズ全書

水津康夫のクイズ全書 (センチュリープレス)

水津康夫のクイズ全書 (センチュリープレス)

 

 

★ クイズは創造力〈問題集篇〉全脳を刺激する「精選1300問」

クイズは創造力〈問題集篇〉全脳を刺激する「精選1300問」 (センチュリープレス)

クイズは創造力〈問題集篇〉全脳を刺激する「精選1300問」 (センチュリープレス)

 

これらは 

使い古していますが

今でも大切に持っています !!

 

クイズの話つながりで

女子アナ菊間千乃 さん

司法試験に合格

弁護士になられたことは

有名ですが 

女子アナ → 弁護士 といえば

自分的には 小池達子 さん ですね。

クイズダービー

問題読み上げや

テレビ朝日

「 おはようCNN 」などにも

出演していました。

 

なんて知的できれいな方なんだろうと

思ってました。

 

あの頃の女子アナって

決して前に出ず

でしゃばらず

淡々と仕事をこなしながらも

知性を感じる方が

大勢いましたよね。

小池達子 さん は特にですね !!

 

ちなみに

メジャーどころでは

「 クイズ ! 脳ベルSHOW

川野良子 アナ

僕の今のイチオシです!

 

クイズダービー

当時のビデオを見ていたとき

小池達子 さん は

今何をしているんだろうと思って

検索してみたら。

駒澤大学法科大学院を経て

弁護士になっていたので驚きました。

 

これは旦那様の影響なんでしょうか ?

 

駒澤大学 「 欽ちゃん 」 のように

駒澤ロー

その辺をもっとアピールすればいいのに。

と,いつも思っています。

 

でも 若い人は知らないかな…。

 

クイズダービー の 

大橋巨泉

アメリカ横断ウルトラクイズ

福留功男 氏。 

「 スーパーダイスQ 」他

土居まさる など

 

あの頃の司会者は

歯切れのいい “ 名調子 ”

かつ

素人の扱いが上手かったなぁ~。

と感じます。

 

この手の番組は

生かすも殺すも司会者の腕一本で

決まるようなもんでしょうからね。

 

大橋巨泉

“ 司会は巨泉 ” というだけあって

絶妙な話術でしたし

ジャズや競馬,絵画の評論や

アメフトの解説など

才能も多岐に渡ってました。

 

テレビ全盛の時代を牽引してきただけの

技量を持っていたということを

改めて感じますね !!

 

ゲバゲバ70年!大橋巨泉自伝

ゲバゲバ70年!大橋巨泉自伝

 

 

でも

議員は魔が差したんですかね・・・。

 

本人自身も場違いということを

早々に気付いたのか

辞めるのも早かったですけどね。

「国会議員」失格

「国会議員」失格

 

といったところで

今回は

かつてのクイズ番組を振り返りつつ

その効用を書き綴ってみました。

 

以上

読んでいただき

ありがとうございました。