えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物など趣味の雑記帳です。

スグルとオメガの差は “ 仁 ” !!

さて
キン肉マン 270話 ですが

 

前回の最後で
パイレートマンの
セントエルモスファイヤーを
スグルが火事場のクソ力で返し
マッスル・スパークの体勢へと
入りました。

 

f:id:agentaki007:20181217185004j:plain

 

そして今回
そのまま
渾身の “ マッスル・スパーク ” を決め
一発逆転!

 

見事
パイレートマンをマットに沈めました。


敗れたパイレートマンは
試合中に
“ 火事場のクソ力 ” の “ 限界 ”  を
感じ取り
一時は落胆しましたが

 

最終的に
さらにパワーアップした
“ 無限 ”“ 火事場のクソ力 ”
本物であり
オメガの民を救う希望であることを
確信します。


そして
パイレートマンはこういいます。

 

スグルが見せた
“ 火事場のクソ力 ” には
三つの段階 があると・・・。

 

第一段階
相手を倒すべく出したもの。

 

第二段階
死んだ仲間のために出したもの。

 

第三段階 は、
敵のため(オメガを救うため)に
出したもの。

 

この
スグルによる第三段階目
敵を救うために出したパワー 
そもそもオメガに
このような発想はなく
彼らの常識を遥かに凌駕する
パワーであると認識し
パイレートマンは
自身の8000万パワーをもってしても
止めることが不可能であったと
悟ります。

 

ところで
結局のところ
パイレートマン 
この スグルのパワー 
なぜ 掠奪しなかったのか?
といった疑問が湧きます。

 

これまでの
パイレートマンの言動を考えてみると
道義を重んじ
かつ
この試合でも
マグネットパワーは使わないなど
フェア に戦うことを良しとする
“ 漢(おとこ)” であり

 

しかもこの試合で
スグルのパワー
心を洗われていますから

 

“ 掠奪 ” といった
邪道な方法
道理を欠くものであると
判断したからだと
考えられます。

 

前の対戦でも
掠奪という言葉は使ったものの
実際は
カナディアンマンの内面にある
“ 誇り ” を試したとも
受け取れますよね。

 

礼儀を重んじ
(まこと)を貫き
道理をわきまた智者である
といった印象が
パイレートマンから
感じ取れます。

 

これを
儒教 にある 五常
「 仁・義・礼・智・信 」
照らして考えれば

 

スグルとの差 
“ 仁 ” にあった
ということでしょう ―。

 

もっと言えば
オメガの星に戻れば
父母兄弟も
いる(いた)かもしれないので
彼らを大切にすること。
つまり 悌 

 

それから
リーダー格のアリステラに
仕えるという意味での 忠 

 

これで
「 仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌 」
八つの徳目になります。

 

と・・・
里見八犬伝のようになりましたが・・・。

 

このような
“ 気高き超人 ” パイレートマンですが

 

地球に来た3つの目的 

1.“ マグネット・パワー ” の入手。

2.“ 火事場のクソ力 ” の入手。

3.全ての “ 神 ” を倒し
  復讐を果たすこと。

でした。

 

スグル VS パイレートマン は
そもそも
第3の目的である
オメガを滅ぼした神々と
スグルとは何の関係もありませんから
この試合は
スグルの仁徳により
オメガと地球は
わかり合うことができ
心にしみる感動的な印象を
残すことができました。

 

f:id:agentaki007:20181217185010j:plain

 

しかし次の
フェニックス VS アリステラ で
アリステラの目的 
“ フェニックスの抹殺 ”
そして
“ 神 ” への復讐のみであり
おそらく
熾烈な戦いになるでしょう。

 

また
今度は色々と小細工を仕掛けてくる
フェニックスの試合なので
安土城
色々とからくりが仕組んであることは
間違いないですし
王位争奪戦同様
純粋でフェアなファイトは
期待できないような気がします。

 

スグル VS パイレートマン
クリーンな戦いだっただけに

 

その落差を感じるような
試合になると想像します。

 

それから
これまでの試合を振り返ると
紫禁城以外
城の特性が生かされて
試合に絡んできたことは
なかったので
今回はそれが
存分に出てくると思います。

 

ただ前編の 完璧超人始祖編 
スグルをセミファイナルに回しても
それを超えるだけの
重量キャラである
悪魔将軍 VS ザ・マン
メインに持ってきて
試合前からワクワク感がありましたが

 

今回の
フェニックス VS アリステラ には
悪魔将軍 ザ・マン 級の
重量感も無く


しかも前の試合の
パイレートマンの個性が光っていたので
それと比べてしまうと
期待感が薄れるんですよね―。

 

というように
同じように感じている読者は
多いような気がします。

 

ゆで先生
そこは既に想定内とばかりに
ジャスティスマン
アタル兄さん
あるいは予想外のビッグキャラを
投入するには
おあつらえ向きの場であると
考えているのかもしれません。

 

まずは
パイレートマン 
今後の動向が気になりますね。

 

スグルに託して死んでしまうのか…。

 

それは
次回の解き明かしを
楽しみに待ちましょう。

 

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。