えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物など趣味の雑記帳です。

超人オリンピックの位置づけ!

さて
キン肉マン 266話 ですが

 

スグルの繰り出す技が
次々と破られ
パイレートマンの
一方的展開になっています。

 

なす術がないスグルですが

 

そこへ
ウルフマン
前の戦いで散っていった
仲間のことを思い出させ
ウルフマン流の方法
スグルに闘魂を注入

 

f:id:agentaki007:20181120160126j:plain

 

これに奮起したスグルは
カナディアンマンの得意技である
リビィルト・カナディアンバックブリーカー
盛り返し
続いて
カメハメから授かった
52の関節技の一つ
シャットダウンクラッチ
繰り出します。

 

f:id:agentaki007:20181120155942j:plain

 


スグルとウルフマンのやり取り
いいですよね ― !!

 

テリーやロビン,ラーメンマン
諭す感じとはまた違った
荒っぽさのある檄の飛ばし方。

 

この友情シーンが随所に入る度に
ジワっと熱く込み上げて来るものが
あるんですよね!


今回は
志半ばにして散っていった
カナディアンマンたちや
教えを受けた師匠
カメハメのことを思い起こして
友情パワーを発動させた回でした。

 

f:id:agentaki007:20181120155932j:plain

 

ウルフマンの叱咤激励と
カレクックたちの霊が
キン肉マンを支え
カナディアンマンの闘魂を宿しての
リビィルト・カナディアンバックブリーカー
そして
カメハメ伝授の
シャットダウンクラッチへの流れ

 

この流れもいい!

 

仮に
カナディのほか
カレクック,ベンキマン,
ティーパックマンの得意技を
リスペクトして
次々と繰り出していったら
ステカセキングっぽくなってしまうので
ここは
シャットダウンクラッチへと
切るのがベターでしょうね。

 


今回一番印象的だったのは
ウルフマンが
超人オリンピック
引き合いに出したということです。


オリンピックで思い出す映画といえば
炎のランナーがあります。

 

この映画は
1924年パリオリンピックを題材として
第54回 アカデミー賞作品賞を受賞した
イギリス映画です。

 

ここに登場する
主人公たちのオリンピックに対する思い
国と国の戦いであるオリンピックではなく
民族の個として戦いであり
そして
オリンピックで戦いに勝ち
記録をつくるということは
神に近づく行為である
というスピリットで
オリンピックに臨んでいます。

 


超人オリンピックに出場した超人も
そのような意気込みで
挑んでいたんではないでしょうか。

 

ゆえに
ティーパックマン
超人オリンピックの
ファイナリストであることを
誇りにしていたし

 

ウルフマン
超人たちは
オリンピックでの優勝を目標に
鍛え上げ
その精鋭たちのなかで
V2を達成した
名誉あるチャンピオンであるということを
自覚させて
スグルを鼓舞したんだろうと思います。


一人の超人が
神に近づくための場が
超人オリンピックの
位置づけと考えられますが

 

時が経ち
後に本物の神が出てきたり
神と同等の実力をもった猛者たちが
次々と現れ
スケールが大きくなりました。

 

そこで今まで
超人オリンピック優勝を懸けて
切磋琢磨して技を磨いてきた
五輪のファイナリストたち
今度は “ 正義 ” の旗印の下で戦い
それを守るという強い使命感から
彼らに抗わんと戦いましたが
力及ばず敗れてしまいました。

 

しかし
カナディアンマンたち
誇り鉄のスピリットは生きており
それを呼び起こして
スグル受け継いでもらい
奮起させるといった意図が
今回のウルフマンの発言に
あるような気がします。

 

f:id:agentaki007:20181120155937j:plain

 

そして
スグルが逆襲に転じましたが

 

パイレートマン
これは計算通りで
カナディアンマンを侮辱したのも
スグルに友情パワーを
発動させるための戦術であることが
パイレートマン
“ 無表情 ” な表情から
汲み取ることができるし
何より
パイレートマン
ダメージを受けてなさそうなんですよね。

 

f:id:agentaki007:20181120155929j:plain

 


この戦いまだまだ
“ 序章 ” のような気がします。

 

スグル
ティーパックマンたちの
熱き思いを受け継ぎ
成就することができるのか !?

 

あるいは
パイレートマン
友情パワーを掠奪されてしまうのか !?

 


この先は
次回以降の解き明かしを
楽しみに待ちましょう。

 

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。