えかきのまどや雑記帳

キン肉マン,映画,特撮,動物関係など趣味の雑記帳です。

ビッグボディの “ 重み ” !!

さて
キン肉マン 249話 ですが

 

ビッグボディ 
ギヤマスターをリフトアップからの
デッドリードライブで投げつけ
その後もさらに猛攻が続き
試合を優位に進めています。

 

f:id:agentaki007:20180620223418j:plain

 

マリポーサの速攻とは違う
ビッグボディの重量感のある攻撃。

 

f:id:agentaki007:20180620223330j:plain

 

マリポーサといい
ビッグボディといい
これは紙面に描かれた
平面のみの漫画なんですが
スピード感や重量感といったものを
見事に表現してますよね。

 

特に今回の
ビッグボディの
“ 
大きさ ” と “ 重み ” です。

 

例えば
ビッグボディが
サンセットフリップや
パンチを打つコマですが
このコマの絵を
マリポーサに変えた場合には
重量感は感じられません。

 

これは
今までのストーリーの流れ
前のデッドリードライブなどの
シーンから
読者に重さや大きさを
刷り込ませているので
こういった重量感というものが
現れるんだろうと思います。

 

それから
一コマの形や大きさを変えたり
「ドォン」,「ガゴォ」,「バゴォ」
といった
劇画風な擬音などの表現を
ふんだんに取り入れた作画力

f:id:agentaki007:20180620223333j:plain

 

こういった重さや大きさの
表現一つをとっても
色んな仕掛けがなされていて
さすがは
プロフェッショナルですよね!

 

ビッグボディの技は単純なんですが
“ 重み ” が刷り込まれている分
一つ一つの技が効いている感じです。

 

まあこれは
アンドレ・ザ・ジャイアント 
パンチ一発でも
その繰り出す技のすべてが殺人技であり
フィニッシュホールドになり得のと
同じですよね。

 

それだけ “ 強力 ”
アピールされているということです。

 

f:id:agentaki007:20180620223340j:plain

 

これに対してギヤマスター
前の試合では
逃げるベンキマンを
どうやって捕らえるかだったので
一回巻き込めば勝ちでしたが

 

今回は同等,いや,それ以上の
パワーのある ビッグボディ なので
トムとジェリーのような
展開にはならず
今のところは
力でギヤを止められれば
さらに形状を変えて
回転を上げるといった
力比べの肉弾戦になっています。

 

f:id:agentaki007:20180620223337j:plain

 

ただ,今のこの展開
相手の実力を窺っている序盤戦
これから新たな展開に
シフトして行くんだろうと思います。

 

前回の ベンキマン戦 
最後にギヤマスターが繰り出した技
小さなギヤが侵食して
相手の自由を奪い
動けなくした上でギヤに巻き込む
といった
“ 毒蛇 ”“ 蠍 ”
ないしは “ 蜘蛛 ”
獲物を捕らえる際
毒や糸で獲物を動けなくしてから
ゆっくりといただくという狩りの技と
似たような必殺技がありました。

 

この必殺技はまだ謎に包まれていて
小さなギヤが
どうやって湧いてくるのか?
そして
これらのギヤが
ヤッターマン
ゾロメカ のように
単体で動いて
相手を切り刻むことも可能なのか?
未だにわかっていない技です。

 

今回もその技を
使ってくるんでしょうか?

 

もし使ってきたとしても
おそらく
一回はビッグボディに
弾かれると思いますが
果たしてその進化形があるのか?
非常に興味深いところです。

 

一方の ビッグボディ 
このまま “ 強力 ” を活かした
力技一辺倒で貫き通すのか。
あるいは
“ まだ見ぬ ” 身体能力
魅せてくれるのか。

 

中盤の攻防が非常に楽しみです。

 

ということで
次回の解き明かしに注目しましょう。

 


以上
読んでいただき
ありがとうございました。