えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

バランスのとれた “ マッチメイク ” !!

さあ
今週の目玉商品 !!
キン肉マン 242話 ですが

 

新シリーズでの
ウルフマンとスグルの
2人のやり取りは
超人オリンピックの
ローラーゲームの時以上に
熱かったですね!

 

それと
前のステージは
結果として
ウルフマン のために
用意された舞台のようでも
ありました。

 

その ウルフマン から
スグル へ バトンタッチ

f:id:agentaki007:20180410033117j:plain

 

4王子と同じくスグルも
アリステラたち5人の待つ城へと
向かいます。

 

ここで
捲土重来ステージは終了となり
新たなステージの始まりです。

 

“ 糸引き飴 ” のロープの先に
待っている者は誰なのか !!

 

その黒雲の先にあるものが
今回すべて明らかにされたのですが

 

大方の予想を覆す
結果になったんでしょうかね !?

 

まあ納得 !! な組み合わせと
予想外の組み合わせとが
ありましたよね ―。

 

まずは
ブラン城では
マリポーサVSヘイルマン

f:id:agentaki007:20180410033111j:plain

 

マリポーサはマリキータマンと
対戦すると思いましたが

 

ヘイルマンとの組み合わせは
納得なところでしょう―。

 

そして
紫禁城では
ビッグボディVSギヤマスター

 f:id:agentaki007:20180410033108j:plain

 

今回の目玉の一つ
前ステージの
カナディアンマン同様。
まだ見ぬ!
ビッグボディのファイトでしょう。

 

前回のカナディアンマン
中堅どころらしい
いぶし銀のパワー&テクニックで
善戦して
見せ場はありましたが

 

今回の
マリポーサ,ゼブラ,ビッグボディは
初勝利が期待されます。
だから彼ら
特にビッグボディの場合は
敗れたカナディアンマンたち
中堅どころの4人にはなかった
“ 華 ” のある勝ちっぷり
見たいですよね―。

 

それから
デル・モンテ城では
ゼブラVSマリキータマン

f:id:agentaki007:20180410033106j:plain

 

八角形のオクタゴンリングといえば
UFCの金網リングでしょう。

 

今のところは
八角形の普通のリングですが
後に金網リングに
変わるんでしょうかね・・・!?

 

でもまあ
この組み合わせも納得でしょう!

 

ちょっと予想外だったのは
スワローズ・ネストでの
スグルVSパイレートマン

f:id:agentaki007:20180410033102j:plain

そして
安土城での
フェニックスVSアリステラ でしょう。

f:id:agentaki007:20180410033306j:plain

 

この2試合については
こうなってしまうのかな !?
といった感じです。

 

マリポーサ,ゼブラ,ビッグボディには
勝利を。

 

スグルは
いきなりアリステラとは戦わせないと
思います。
そうすると
3人のうちの誰かをオメガに当てると
その1人は敗北が濃厚になります。

 

またアリステラだけを残しても
絵にならないので
パイレートあたりを
残したいところですが
4王子のうち
2人の脱落はないでしょう。

 

そもそも
このステージを引っ張る
主たるキャラ

スグルとフェニックス
他の3人の王子は従属キャラです。

 

そして
オメガの民の秘密を知らない
スグルに対して
その秘密を明かすのは
アリステラか
No.2 的な地位の
パイレートマンからでしょう。

 

よって
スグルにはパイレートマン。
そしてメインで
フェニックスとアリステラが
いきなり組まれた
ということでしょう。

 

とは言っても

 

ここまで来るには
おそらく
年末ぐらいにはなるでしょうね。

 

それに
フェニックスが退場してしまったら
このステージを導いて行く者が
いなくなるので
フェニックスの負けは
ないような気がします。

 

反対に
アリステラ退場で
次のステージへ突入ということも
考えられなくもないですよね。

 

そこはまだまだ先の話ですが …。

 

とにかくこの 5試合 
バランスがとれていて
かつ
ワクワク感があり
未知へといざなう
マッチメイクですね。

 

最初に火蓋を切るのは
マリポーサVSヘイルマンの
ブラン城決戦でしょうか・・・!?

 

そこは
次回の解き明かしを
待つことにしましょう。

 


以上
読んでいただき
ありがとうございました。