えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

オメガ・ケンタウリ 右近の橘・左近の桜!

オメガ・ケンタウリの六鎗客
超人オリンピックファイナリストの
正義超人軍五本鎗との試合も大詰めで
最後に残った
ウルフマンとルナイトの試合が
現在行われているところです。

 

この試合で
六鎗客のリーダー格である
メガマン・アリステラのみは
試合を行わずに
ほかの5組の試合を
上から高見の見物をしている状況です。

 

そして
正義超人を処刑して
試合が終わった順に
アリステラのいる場所へ
一人づつ戻って来ていて

 

現時点では
ルナイト以外の5人が
ウルフマン VS ルナイト の試合を見て
あれこれと話しています。

 

アリステラとほかの4人との
やり取りで
会話の感じから見ると
アリステラ
パイレートマン
マリキータマン には
一目置いているように感じます。

f:id:agentaki007:20180225014553j:plain

f:id:agentaki007:20180122062628j:plain

 

だからおそらく
オメガ・ケンタウリの六鎗客 
アリステラ を 中心 として
右近の橘 の地位にあるのが
パイレートマン
左近の桜 の地位にあるのが
マリキータマン

といったところではないでしょうか。

 

この2人は
技の面からしても
まだまだ引き出しがありそうだし
頭のほうもクレバーな
印象を受けます。

 

一方
ヘイルマンギヤマスター
技の単調さと
引き出しが多くない印象が
ありますし
頭も単純そうで
切れ者の感じが
全くしないんですよね。

 

だから次のステージは
アリステラ
パイレートマン
マリキータマン 
中心となっていくような気がします。

 

ヘイルマン と ギヤマスター 
次のステージで
早々と退場!しそうですが

 

今回の試合で
ベンキマンは
勝ってもよかったんじゃないか!
と思いたいところですが。
ギヤマスターを退場させてしまうと
古代ギリシャの時代に造られた
アンティキティラ島の機械と
オメガの民の繁栄の証との因果関係 
わからなくなってしまうので
それを説明させるためだけに
ギヤマスターを残したと思うので
その説明をしてからの退場でしょう。

 

ただ想像するに
シングマン 
世界の七不思議の一つである
ロードス島の巨像
実は “ ザ・マン ” だった的な
トンデモ話で
全く取るに足らない
時間稼ぎの話で終わるような
気がします。

 

次のステージ 
いきなり
フェニックスやゼブラたちが
出てくるのか !?
はたまた
ワンクッションおいて
他の超人が出てくるのか !?
わかりませんが

 

ヘイルマン と ギヤマスター 
誰を当てるのかが見どころですね。

 

ヘイルマンには
氷上マッチの合う超人。

 

ギヤマスターには
サンシャインあたりを当てて
トンデモ話に対して
ほざけとばかりに
彼方へ
飛ばしてしまうんでしょうかね。

 

というわけで
希望的観測も含めて
次のシリーズに触れてみましたが
個人的には
プリズマンの再登場と
カピラリア七光線 とか 超人預言書
といった類のものは
No thank you. ですね!
王位争奪編だけで
もうお腹いっぱいです!

 


以上
読んでいただき
ありがとうございました。