えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

映画「リンク」― 文明を築いた1%の差とは

チンパン探偵ムッシュバラバラ 』
〈1970〉
( Lancelot Link : Secret Chimp )
『 ゆかいなチンパン〈1972〉
( Me And The Chimp )
『 トラック野郎!B・J 』〈1979〉
( B.J. and the Bear )
といった
チンパンジーが出てくる
アメリカのTVコメディやドラマ
ありました。

f:id:agentaki007:20180118015342j:plain

『ゆかいなチンパン』Me And The Chimp 1972

 

これらのTVに代表されるように
チンパンジーオランウータン
といった 類人猿(エイプ)
そのしぐさが人に近いこともあり
道化としてTVやショーなどの
スターとして多く利用されました。

 

映画『 リンク 』〈1986〉は
今までは
道化としての役どころであった
猿(エイプ)
人間を恐怖に落とすという
猿の惑星」〈1968〉の作風とは
異なった
逆転の発想で構成された映画です。 

リンク [DVD]

リンク [DVD]

 

 

この映画の解説を見ると
動物ホラー映画
あるいは
サスペンス,パニックなどと
カテゴリー付けが
一定していないようです。

 

確かに
ホラー映画としてみると
一般的なホラー映画のような
恐怖感が足りない感じがするし
パニック映画では
登場人物が少なすぎます。

 

この映画の監督
リチャード・フランクリン
「 サスペンス映画の神様 」
アルフレッド・ヒッチコック
師事していること。

 

そして
物語の設定
辺りを野犬が徘徊し
後ろは海で断崖といった
人里から離れた場所にある
孤立した屋敷が舞台
かつ
ここの主が
テレンス・スタンプ演じる教授
それから
チンパンジーが3頭いるだけです。
そこに
助手兼お手伝いとして来る
女子大生とくれば ー。

“ これから事件がありますよ! ”
といった
メッセージは十分でしょう。

 

だからこの映画は
「 アニマルサスペンス 」として
観るといいかもしれません。


なお,映画音楽
ジェリー・ゴールドスミス が担当し
アフリカン調のリズムに
電子楽器を加えた
楽曲に仕上げていて
物語での猿の恐ろしさを
映像や音楽で
猿のコミカルさを出して和らげ
全体を
従来の恐怖映画的ではないように

仕上げているのが特徴的です。


この映画を初めて観たのは
高校生の頃
木曜洋画劇場 」で
その後も
「 2時のロードショー 」等で
何度か見ました。


ジョーズ 』〈1975〉のヒットで
1970年代に量産された
アニマルホラー映画ですが
『 リンク 』も
その流れに乗った映画だろうとしか
考えておらず。
また
当時は自分自身もまだ知識不足で
映画もそうですが
文学や芸術作品の観方が
よくわかってなかったので
考えて観る,読むといったことが
まだ足りてなかったんですね―。

 

それで
今,映画『 リンク 』を改めて見ると
演出,脚本などが
なかなか練られてるな!
といった印象です。

 

100分の映画ですが
ざっと見るのではなく
キーポイントとなるシーンを
掘り下げて考察すると
全体を観念的に捉えて観るという
多くの映画評論家の批評とは
異なるものが見えてきます。


まず
主人公の猿
“ リンク ”( Link )
実際はオランウータンですが
劇中では
人間にすると45歳ほどの
雄の老チンパンジーの設定です。

 

確かに
実際の大人のチンパンジーを
使うとなると
危険性の高い猛獣ですから
コントロールが効かなくなる
おそれがあるので

 

ここは
やんちゃ坊主顔
チンパンジーとは対照的な

 

広い額と落ち着いた眼をもった
人生経験豊富な老人の分別顔をした
子供のオランウータン
起用したのではないでしょうか。

 

その他の2頭は
チンパンジーを起用しています。


この映画の特徴として
出演する猿
着ぐるみでもなく
ロボットやCGでもない
本物の猿が演じており
その表情にはリアリティがあり
とぼけた表情で
淡々と犯行を重ねる姿
作品全体に現実感を与えています。
( ただし
 さすがに猿の死体は人形です。)

 

彼らのアニマルトレーナー
ヒッチコックの『 鳥 』〈1963〉で
多数の鳥を自在に操った
レイ・バーウィック

彼による
猫のトレーニングの
日本語訳された本が
新潮社より出版されていました。 

トレーニング・ユア・キャット

トレーニング・ユア・キャット

 

興味のある猫好きの方は
是非読んでみて下さい。


話を本編に移すと

人類学者
類人猿の研究をしている
テレンス・スタンプ演じる
スティーヴン・フィリップ教授
大人の雌チンパンジー
“ ブードゥー ”
雄の老チンパンジー
“ リンク ”
処分しようと
動物商と交渉中です。

 

教授は
ブードゥーについては
動物園へ。
そして後でわかるのですが
リンクについては
殺処分(安楽死)を考えています。

 

教授の表情を見ると
リンクに対しては
良く思っていないように窺えます。
つまり
粗暴で獣的
ブードゥーに対して
リンク
教授の執事も兼ねていて
おとなしいが
知恵が回って頭が良く
悪い意味で
“ 人間的 ” になってきたので
恐怖感すら覚え
手に負えなくなってきたので
処分しようとしたのでは
ないでしょうか。

 

腕力は人間をはるかに超え
その上
頭も人間に近づいたら
制御が効かないので
手に負えなくなるのは当然でしょう。

 

だから
押しかけてきた
エリザベス・シュー演じる
動物学を専攻している
女子大生 ジェーン
フィリップ教授の気が変わって
夏休みの間
助手兼お手伝いとして採用したのは
教授の中でリンクたちを
処分した後の15日に
ジェーンに屋敷へ来てもらうつもり
ではなかったのかな―。
と思われます。

 

だから
ジェーンに来てもらう約束をした後
教授が安堵の表情を浮かべたのでは
ないでしょうか。

 

しかし
教授は日付を勘違いしていました。
これが
ジェーンにとって悲劇の始まりです。


翌日
ブードゥーたちを動物商のところへ
運ぶ準備をするのため
ジェーンにその場を外してもらった上
ブードゥーに
鎮静剤を打とうとしたとき
子供のチンパンジー “ インプ ”
邪魔をします。

 

教授がインプに手を焼いている隙に
リンクが
ブードゥーの檻の鍵を
故意に開けます。

 

檻から出た粗暴なブードゥー
それから
日頃から手を煩わせているインプ
そして
これまでは
利口に振る舞っていましたが
ついに教授に反旗を翻したリンクの
3頭の猿に囲まれて
フィリップ教授は
殺されてしまいます。

f:id:agentaki007:20180118012220j:plain

 

そして
ブードゥーも
その後に棚の中から死体で発見され

 

インプも
部屋に監禁され
しかも檻に入れられているところを
ジェーンに発見されます。

 

後に教授の行方も明らかになり
死体を檻に入れられ
蓋の付いた井戸の中に
吊るされていました。

 

これらはすべてリンクの仕業です。


ではなぜリンクが
そのような所業に及んだのか
というと

 

動機
教授が動物商と
自分たちの処分について
話していることを聞いていたために
身の危険を察知して
そうはさせまいと反逆し
犯行に及んだのではないでしょうか。

 

手段については
日頃からフィリップ教授が
ブードゥーやインプに手こずると
リンクに対して
「 鎖でつなげ。」とか
「 檻に入れろ。」と
命令しているので
自分も
相手が気に入らなければ
檻に入れるなどして
監禁することを学習したのでしょう。

 

ジェーンに対しても
電話線を切り
電話を破壊して外部との連絡を絶ち。
さらに
自動車を崖から突き落として
逃げられないようにして
軟禁状態にします。
もちろん走って逃げようものならば
周囲は凶暴な野犬がうろついている
環境です。

 

これらのリンクの行動
狡猾ではありますが
日頃の人間の態度や行為
模倣しているだけであり
言わば “ 猿真似 ” の範囲でしょう。

 

また
嫉妬心もあるようで
子猿のインプを可愛がるジェーンを見て
目障りなインプを閉じ込めています。

 

これがさらにエスカレートすれば
教授がリンク達の処分を
話していたことを聞いていたように
うっとうしい者は殺してしまえ
という感情になるのは当然でしょう。


映画において
これらは猿の所業ですが
人間が持っている感情や行為そのもの
サスペンスドラマではもちろんのこと
現実の社会においても展開されている
人間の行いと同じなのです。

 

ただ
人間には 理性道徳心
ありますから
心の暴走を制御する感情
通常は併せ持っています。


野生のチンパンジーは
集団ごとに固有の文化的伝統を持ち
知性的な彼らが人間と暮らせば
ある程度
人間とのコミュニケーションが
可能です。

 

分子生物学の研究では
ヒトとチンパンジーにおける
ゲノムの塩基配列の違いは
約1.2%だそうです。


劇中でもフィリップ教授
ヒトとの違いは1%
その1%の差が
人類に文明をもたらした。
と言っています。

 

では
文明をもたらした差とは
何なのでしょうか。

 

それは
物語の終盤にあります。

 

リンク
マッチを擦り,タバコを吹かし
フィリップ教授の下に来る前の
サーカスにいた頃は
炎術の使い手として
人気を集めていたので
火を恐れないことが
他の猿に比べて特異なところです。 

f:id:agentaki007:20180118012217j:plain

しかし
他の動物が恐れる火を使うことを
ジェーンに逆手に取られ
ガスの充満した部屋で
マッチを擦ったために大爆発を起こし
炎の中に消えていきます。

f:id:agentaki007:20180118012211j:plain


結論として
高等な類人猿は人に近く
火を使えるようになるほど
知性の高い動物ですが
人類のように
火を使いこなせるまでには
至らなかった。
それは
人間が感情におぼれず
筋道を立てて物事に対して
考えて判断する能力
つまり 理性を持ったこと。
この違いが人類に文明をもたらした。
といったことが
この映画から
読み取ることができます。


この映画についての疑問
まだあります。

 

フィリップ教授が執筆した
劇中の論文「森へ戻れ」
続編のタイトル
なぜ「辺獄」(LIMBO)にしたのか。

 f:id:agentaki007:20180118015339j:plain

 

さらには
ラストの “ 落ち ”
何を意味するのか?

f:id:agentaki007:20180118012209j:plain

 

など・・・。


分量が長くなりそうなので
それは次回ということで・・・。


以上

読んでいただき
ありがとうございました。