えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

皆殺しの挽歌!

さあ
今年最初の
キン肉マン 231話 ですが

 

カレクック
残虐ファイトで
マリキータマンを追い込み
善戦しましたが

 

残念ながら
前の3人同様
惨殺されてしまいました。

 

正義の五本鎗
未だ勝利なく4連敗です。

 

下馬評通りの結果ではありますが
スグル達が到着したので
友情パワーで逆転の
期待もありましたが

 

カレクック 
友情パワーを封印したまま
残虐超人のプライドを貫徹して
散っていきました。

 

でも
カレクック友情パワー
封印までして敗れ去り。
マリキータマン
事実上任務遂行に失敗して。
アリステラたちには
友情パワーの発動の謎が解けないまま。

 

次週で スグル 
“ 許せん ” とか言って
“ ボワッ ” とクソ力の炎
自然に出しちゃったところ。
アリステラたちに
「 おお,この力か 」って
あっさりと謎を解く鍵が
わかっちゃたら。
それこそカレクックは
犬死同然ですよね。

だけど
スグルならアリかな!
なんて思うんですよね―。


カレクック については
今回の話の最後に
「次回,カレクック,力尽きて…!?」
“ !? ” がついているので
逆転の希望もありそうですが

 

マリキータマン の最後の台詞。
介錯つかまつる!!」

 

つまり
次週,いきなりゴングで
カレクック
言葉を発することもなく
即死の状態ということでしょう。

 

これは
マリキータマン
天道羽根抜刀 で 介錯 された
ということは

まあ通常ならば
介錯 は斬首なんですが
斬られる者の苦痛などを
軽減するために
一刀で即死させること
一流の介錯です。
仕損じて息を残すような
介錯人ならば腕がよくありません。

 

マリキータマン
相手の肉体はおろか
心までも切り裂いてしまうような
猛者ですので
一刀で介錯するのは当然ですから
カレクックの息はもうない
と考えるのが妥当でしょうね。

 

ところで
カレクック 
ですが
追い込んだ割には
意外とあっさり負けちゃいました。
せめて
アトランティス のような粘りで
最後に魅せて
引き分けに持ち込んでくれると
期待したんですが・・・。

 

無念というか
ベンキマン戦といい
何かこの―
すっきりしない部分が
あるんですよね―。


このステージにおける
ゆで先生のスタンス 
捲土重来とは言っているものの

 

ティーパックマン

f:id:agentaki007:20170918140831j:plain

 

カナディアンマン

f:id:agentaki007:20171127225540j:plain

 

ベンキマン

f:id:agentaki007:20171127100314j:plain

 

これらを見ると

敗北した際に
汗や血の流れで
涙を流しているように
描写されたコマを
クローズアップさせているのが
特徴的です。

 

この印象的な魅せ方って
無敵超人ザンボット3
最終回
ザンボ・エースが
宇宙から帰還する際に
海へ落下したので
その顔は海水で濡れているため
ロボットの ザンボ・エース
涙を流しているように見える描写
似てますよね。

 

親族や友人のほとんどを失った
悲しみと
今まで神ファミリーに対し
嫌悪感を抱いていた地球人が
最後に
暖かく受入れてくれたことへの感動。
そして今までの戦いは何だったのか
という空しさなどが混ざり合った
感情表現を
ロボットの涙で
見事に表現した感動的なラストが
強烈に記憶に残った作品でした。

 

このオマージュかとも思える
ベンキマン達の涙の表現。

 

そして
今回の カレクック戦
ダマシ,ニセモノ といった
言葉が飛び交った試合でしたが

 

カレクック が流した涙 
本物 でした。

f:id:agentaki007:20180116052824j:plain

 

このように見ると
今回のステージでの
ゆで先生のスタンス

 

無敵超人ザンボット3
伝説巨神イデオン
印象づけた

 

“ 皆殺しの富野 ” ならぬ

 

“ 皆殺しのゆで ” のスタンスで

 

描いてるような気がするんですよね。

 

今回のカレクック惨殺で
ますますそれを強く感じました。

 


次回はおそらく
スグルとアリステラのやり取り
なるでしょう。


そして次に控える ウルフマン


さて,どう戦ってくれるかのう?

 


とにかく
来週を待ちましょう。

 

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。