えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

六鎗客の目論見!

さて
今週のキン肉マン 224話 ですが

 

ベンキマン
和式便器の水流の如く
怒涛の攻撃で
ギヤマスターを追い込んでいき

 

そして
ギヤマスターを
ジャーマンで投げにかかります。

 

f:id:agentaki007:20171106232331j:plain

 

ここで
ギヤマスターは
非力のベンキマンに
自分を投げられるはずはないと
高を括っていますが

 

ベンキマン
これを “ クソぢから ” で投げ
鉄柱に串刺しにします。

 

f:id:agentaki007:20171106232321j:plain

 

でも先週
“ クソぢから ” を使わなくても
吊り天井で持ち上げられてますよね。

 

f:id:agentaki007:20171102000640j:plain

 

だからこれは
“ クソぢから ”  
出させるための挑発
なんだろうと思います。

 

そして
ヘイルマン
パイレートマン
“ クソぢから ”  を発動させようと
布石を打っていたみたいですが
上手くいかず
ギヤマスター 
この力の引き出しに成功
しました。

 

f:id:agentaki007:20171106232313j:plain


なるほど
もし
バッファローマンテリーマン 相手に
“ クソぢから ” の発動を検証 すると
自分たちが敗れる可能性がある。
だから
彼らの動きを封じた上で
ティーパックマン
二線級の正義超人 相手に
その力を分析しようとした。

 

仮に
非力の彼らが
“ クソぢから ” を発動したとしても
自分たちを
倒すまでのパワーはないだろう…。

 

こんな思惑があるんでしょうねー。

 

そこを
ベンキマンたち
残りの3人 
メガマンたち六鎗客の計算を超えて
彼らをどう破っていくか !?
“ クソぢから ” がどこまで伸びるのか !?

 

このあたりが
見所になるんじゃないでしょうかね!

 


ところで
ベンキマンの攻撃に対し
立ち上がってきた
ギヤマスター。

 

ロードス島の巨像 の話を
持ち出してきた
シングマン のように

 

ギヤマスター 
アンティキティラ島の機械 の話を
持ち出してきました。

 

f:id:agentaki007:20171106232318j:plain

 

まださわりなので
今後この話が
展開にどのように絡んでいくのか
わかりませんが

 

オメガ にかけて
俺は精密に時を刻んできた歯車超人
とでも言い出すんでしょうかね !?

 

この話を契機に
ギアマスターの大反撃が
あるんでしょうか !?

 

あるいは
こんなトンデモ話
“ 驢鳴犬吠 ” として
サンシャインのように
ベンキマンが一蹴するのかですねー。

 

それにしても
ギヤマスターは
鉄柱を抜いて
再びギヤを回転させましたが

 

f:id:agentaki007:20171106232312j:plain

 

ベンキマンに
ヤオイルを洗い流された上で
無理やり回したら
ギヤが摩耗して
削れてしまうような気がしますが
大丈夫なんでしょうか・・・。

 

 

次回以降どうなるのか
楽しみに待ちましょう。

 


以上

読んでいただき
ありがとうございました。