えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

嗚呼! カナディアンマン

さて
今週のキン肉マン 221話 ですが

 

カナディアンマン
VS
パイレートマン
試合も大きく動いて
大技の応酬というか
バックブリーカ―合戦に
なってますね。

 

ドン・レオ・ジョナサン
VS
モンスター・ロシモフ
思わせる
巨漢同士の
スケールの大きな試合になって
非常に見応えがありました。

 

そして
カナディアンマン
得意の
カナディアンバックブリーカ―
変形というか
タワーブリッジ
たすき掛けさせたような
リビルト・カナディアンバックブリーカ―
決めましたが・・・。

 

f:id:agentaki007:20171019003721j:plain

 

パイレートマン
巨漢ながらも
ドン・レオ・ジョナサンのような
柔らかさで
これをかわします。

 

そして
カナディに
ハイジャック・バックブリーカー
逆さにしたような
背骨折りの固め技を決めます。

 

f:id:agentaki007:20171019005028j:plain

 

カナディアンマン
今回は色々と見せてくれましたが
もうダメでしょうねー。

 

まだ試合は終わってないので
わかりませんが
結局
スペシャルマンの救援は
もうないんでしょかね。

 

まあ
カメオ出演というかたちで
出てくるのかもしれませんが
展開を考えても
ペンタゴンのような
派手な登場はなく
試合を左右するような
キーパーソンになることも
ないような感じですね。


ところで
パイレートマンの処刑技
背骨折りなんですが
形的に見ると
逆さ磔 のようになっています。

 

ヘイルマン
打ち首

 

パイレートマン
逆さばっつけ

 

こう見ると
ゆで先生の中では
六鎗客各々の
処刑方法を
お披露目する ことが
目的なのかな !?
と,思ったりします。

 

そうすると
残り3人の処刑方法を想像すると

 

ギアマスター
形態そのまんまで
ギアに巻き込んでの
身体粉砕 でしょう。

 

ルナイト
その姿から
古代の猛獣による公開処刑 のような
形でしょう。

 

マリキータマン
“ 切り裂き ”  という台詞から
凌遅刑 ないし 皮剥刑 のような
格好になるんですかね。

 

となると
正義の五本鎗は
全滅コースですよね。

 

今までの展開だと
実力差が見え見えで
ヘイルマンと
パイレートマンの態度にも
余裕がうかがえますからね・・・。

 

f:id:agentaki007:20171019003730j:plain

 

それから
ウルフマン
過去に
八つ裂き刑 の如く
悪魔に
全身バラバラにされてますけど

 

f:id:agentaki007:20171019004552j:plain

 

今回も
処刑されちゃうんでしょうか?

 


そもそも
このキン肉マンの読者って
昔のキン肉マンを見ていた世代が
楽しみにしてると思うんですよ。

 

それで
色々と社会に揉まれて
残念ながら
勝ち組になれなかった人も
いるわけで

 

カナディアンマン が唱えた
“ 捲土重来 ” という
台詞にあるように

 

僕も含めて
彼ら正義の五本鎗に
感情移入し
いつもの
スグルやバッファローマン
勝つことではなく
彼らが勝つことで
カタルシスを誘うと思うんですね。

 

だから
最低でも
正義超人の3勝2敗で
五本鎗の面目躍如かな。
と,思うんですが。

 

ゆで先生
そこは
負け犬にチャンスなしと一蹴して
残虐非道に “ 捲土重来 ”  を
踏みにじって
くるんでしょうかね。


でも
望みがあるとすれば
完璧・無量大数
悪魔超人軍 の対戦では

 

1. ステカセキング 負け
2. ミスターカーメン 負け
3. ブラックホール 勝ち
4. アトランティス 分け
スグルをとばして
5. ザ・魔雲天 負け

 

このように見ると
順番通りに行けば
次の試合のやつは
勝てそうな気がしますが・・・。

 

 

来週以降を
楽しみにしましょう!

 

 

以上

読んでいただき
ありがとうございました。