えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

カナディアンマンに期待!

さて
今週のキン肉マン 219話 ですが

 

今回は
内容が平凡だったように
思えるんですが
カナディアンマン
清算の回 とでも言いましょうか

 

今までのカナディアンマン
ジョバーに徹した
弱いカナディアンマンでした。

 

本来の役どころであれば
パイレートマン
ジャケットシャッター からの
トレジャーハントスープレックス
瞬殺されていたところですが

 

f:id:agentaki007:20170925031135j:plain

f:id:agentaki007:20170925031129j:plain

 

この戦いは違うぞ! と
期待させるところを
描くために設定した話 ですから。
そのためには
過去を清算 しないと
いけませんからね―。

 

f:id:agentaki007:20170925031125j:plain

 

だから
次回は
カナディの持ち味が
発揮されそうですね。

 

といっても今までに
カナディのテクニックは
たことがないし
技も
カナディアンバックブリーカー
しか記憶にないので

 

仮に
カナディが勝つとすると
フィニッシュ
カナディアンバックブリーカー
とか
ハイジャック・バックブリーカー
あたりなんでしょうかね?
あるいは
ベアハッグ でしょうか?

 

これだと
ブルーノ・サンマルチノ時代
プロレス になっちゃって
六鎗客を倒す技としては
軽すぎますよね・・・。

 

戦いのスタイルとしては
僕の感じだと
テリーマンのような
北米チックな
プロレス的ファイトになると
思うんですが

 

ドン・レオ・ジョナサン のような
スタイルになるのかな・・・。


それだとあまりにも地味ですよね。

 

次に何が出るのか期待です。

 

それから
スペシャルマンの登場
あるんでしょうかね?

 

テリーマン VS スカイマン で
スペシャルマン
テリーマンを鼓舞したように

 

f:id:agentaki007:20170925031113j:plain


カナディを奮い立たせるために
出て来るんですかね―。

 

今回は
“ 捲土重来 ” という
座右の銘 まで宣言して
この戦いへの意気込みを
伝えているので
勝てそうな気もするんですが

 

意気込みは買うが
「 力の差は歴然 ! 」として
“ サタンの遣い ” に
簡単に処刑されて
ああ,やっぱりかといった
結末になるのか・・・。

 

まだこの戦いで
両者とも
手の内を見せていないので
今後の展開が全く読めないのですが

 

一つ言えることは
前シリーズの
完璧超人然り
今回の六鎗客も
他の超人の情報に詳しく
二線級の超人の
パワーや実績までも
インプットされていて
よくリサーチしてるな―。
といったことは確実ですね!

 

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。