読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

WBC 侍ジャパンの影の力

野球 情報 啓蒙

WBC 2次リーグも3連勝した日本。

見ている方も緊張してしまうような

ピリピリした

手に汗握る試合展開でした。

 

それと

TBS および テレビ朝日とも

解説がよかった。

視聴者を啓蒙し

わかりやすい解説で

観戦を手伝うものであったと

思います。

 

古い話になりますが

30年以上前って

メジャーリーグキューバ

球団や選抜チームが来日して

日本と試合しても

力の差がありすぎて

日本が大差をつけられて

ボロ負けてましたよね。

 

でも今はそう簡単に負けない。

というか勝ってしまうほど

強くなってます。

 

おそらく

技術面や体力面の向上は

あると思います。

 

でも向上したとはいえ

個人レベルで見ると

イチロー  は

生物学的にいう “ 突然変異 ”

として例外扱いして・・・。

 

5年間以上メジャー契約した

野手の日本人選手って

7人いないですよね。

 

また

野球が盛んな外国のレベルも

同じように向上しているでしょう。

 

でも

日本のチームが

勝っている理由 

情報力,投手起用,作戦

にあると思います。

 

僕は野球に関しては

ど素人なので

打撃,投球,守備 等の技術面に

関しては全くわかりませんが

情報収集に関しては

心得がありますので

どうしても

そちらの視点で見てしまいます。

 

投手起用 については

以前の日本チームで

素人目から見ても

明らかにおかしな起用がありましたが

今回は

投手起用を知り尽くした

権藤博 コーチ が就任しました。

やはり気合いだけでは

勝ち続けられないでしょうね。

 

そして

『 小久保 監督が

「 現役コーチの入閣 」を要請 』

『 今村社長が

「 現役のスコアラー,コーチ

( 入閣 )をこれからも

お願いしていくという話があった。

それが世界に勝つことだと

強調されていた 」と明かした。』

とあります。

 

侍J小久保監督,現役コーチ入閣を要請

17年WBC世界一の鍵に

- スポニチ SponichiAnnex 野球

- 2015年12月5日

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/05/kiji/K20151205011628520.html

( アクセス日 / 2017.3.10 )

 

プレミア12に続き

再度就任した

奈良原浩 コーチ

大西崇之 コーチ

志田宗大 スコアラー

 

この人選を見ると

この 3氏の再入閣を前提とした

発言のようにも思えます。

 

でも

いくら有効な作戦や情報を提供しても

選手に実行できる技術がなければ

意味がないので

最終的には

選手の技術や能力になります。

したがって

日本人選手のレベルが高いことは

間違いありません。

 

しかしやはり

情報なしに力まかせで

“ パワー・ベースボール ”  を

展開しても

メジャーリーグの一流クラスの

身体能力には及ばないと思います。

昔の大リーグやキューバ選抜と

日本の対戦のような

状態になってしまうでしょう。

 

なので

日本が2次リーグを通過できた

要因の一つには

スコアラーの情報力 があるのかなと

思いつつWBCの試合を見てました。

 

で,スコアラーが誰なのか調べると

東京ヤクルトスワローズ の

現役スコアラー 志田宗大 でした。

 

f:id:agentaki007:20170318234750p:plain

志田 宗大( 選手時代 )

BASEBALL HEROES by KONAMI

 

~ 関連記事 ~

  侍ジャパンの頭脳

「スコアラーとは精神安定剤のようなもの」

- スポニチ Sponichi Annex 野球

- 2017年2月25日

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/02/25/kiji/20170225s00001004138000c.html

( アクセス日 / 2017.3.10 )

 

侍007志田スコアラー視察へ

豪州キューバ丸裸だ

- ニッカンスポーツ・コム( nikkansports.com )

- 2017年2月25日

http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1783733.html

( アクセス日 / 2017.3.10 )

 

新聞記事には選手や首脳陣の

情報は載りますが

情報収集している

スコアラーの情報が載ることは

あまりない ので

影の存在ではありますが

チームの勝因の一つとして

重要なポジションである

スコアラーについて

興味があったので

注目してみました。

 

それからこれは

まったくの憶測ですが

今回のWBC

イスラエルが意外と強かったのは

諜報術に長けた

イスラエルだからかな???

なんて思ったりもしましたが

情報の質も違うものだし

まあそれはないかな・・・。

 

野球以外 においても

どの社会でも同じだと思いますが。

信頼性のある情報があると

行動するときに安心します。

 

今の社会 はどちらかというと

“ 過情報 ” ですので

情報の取捨選択能力 が求められます。

 

ID野球 ”( Important Data )

という言葉が流行しましたが。

日本プロ野球 

レベルアップ したのは

選手の体力面での技術向上以外に

個々の選手がデータを理解し

活用できる能力も向上

したのではないかなと思います。

 

つまり

日本が世界で勝つには

“ シンキング・ベースボール ” が必要 

選抜メンバーにはそれができる

というか器用で応用が利く選手を

集めたんじゃないでしょうか。

 

また

TVの解説 でも

原辰徳 元監督

元・侍ジャパンの優勝監督らしく

一見平凡に見えるセカンドゴロや

結果はアウトでも

右打ちしたことといった

地味だけど細かいチームプレーを

重要視していたことなど

随所で

シンキング・ベースボールの

重要性と日本チームの戦い方

視聴者にわかりやすく解説

していたことが

視聴者にも野球の見方を向上させ啓蒙し

観戦をより面白した と思います。

 

でも野球を見るの久々ですが

原辰徳 元監督って

現役の頃から見てますけど

姿といい,声といい

ジェントルマンな感じといい

石坂浩二と同じように

全然年取らないですよね―。

いまだに

ジャイアンツの若大将 でも

十分通るような気がしますよね。

なんか

松井秀喜 氏 のほうが

年上のような感じもするくらい

若い!

 

― 感心するところが

違ってしまいましたが ―。

 

今後のWBC

侍ジャパンには

選手以外に裏方の力もある

ということを見ながら

応援したいと思います。

 

以上

読んでいただき

ありがとうございました。