えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

MACは弱いと言うけれど・・・

ウルトラマンレオの魅力

初期のウルトラマンレオ
MAC隊長モロボシ・ダン
マグマ星人らの攻撃により
ウルトラセブン への変身能力を失い
地球を守ることができなくなった
代わりに
同じくマグマ星人らの攻撃により
故郷を失った L77星人の若獅子
レオ に地球防衛を託すことにします。

 

しかし
レオは未熟で
その実力では力を増した侵略者たちに
太刀打ちすることはできず
ダンレオ である
“ オオトリ・ゲン ”
過酷な訓練で鍛え上げるとった
ハードなストーリーが
展開されていました。

 

さらに
通り魔的な宇宙人により
一般人が殺害されるシーンも生々しく
防衛チームの MAC隊員
スーパー隊員でなく
多くの殉職者を出します。

 

このように
特に前半は重々しいストーリーが多く
その中にあって
女神のようなヒロイン
山口百子 (演:丘野かおり)
シーンが神々しく
オアシスとなり
一時の安らぎになっている
といった展開でした。

f:id:agentaki007:20170720000516p:plain

 

そんな初期のレオの中で
初めて肩に力が入らない
コミカルな話が
12話「 冒険野郎が来た!」
出てきます。

 

話の初っ端
サイマ族の衣装らしきものを
身にまとった男が
怪獣 バンゴ
槍のみで軽くあしらい退散させます。

 

MAC本部に連絡を入れようとする
ゲンに対し
「報告やったら
 もうしときましたで。」
と言って
先程,怪獣を槍一本で
退散させた男が現れます。

f:id:agentaki007:20170720000510p:plain

彼の名は 「 佐藤三郎 」 という
MACの隊員
(演:東隆明〈 当時:東龍明 〉)
本部からゲンと行動するよう
命じられたそうです。


その後,ゲンとパトロール中に
再び怪獣バンゴが現れます。

 

そこへ2機のマッキーが駆けつけますが
怪獣を退散させることすらできません。

f:id:agentaki007:20170720001239p:plain

MACの不甲斐なさを感じた佐藤隊員は
単身で怪獣に挑み
奇策により
またもや怪獣を退散させてみせます。

 

物語はコミカルに描かれていますが
この「 佐藤三郎 」隊員
名前は鈴木一朗のように
平凡ですが
その槍投げから見える
イチロー「 レーザービーム 」 の如く
正確なコントロールと強肩といった
高い身体能力。
ビルの高さから落ちても
大怪我すらしない体の強靭さ。
そして
ZATの戦法のごとく奇抜だが
銃火器類すら使わず
MACの兵器をも凌駕する戦術。
さらに
常にマイペースといった精神力。
といったように
見る人が見れば
かなり能力の高い
手練れの隊員です。

 

こういった
風変りだけど優秀な人は
現実の組織にもいますが
その卓抜した能力ゆえに
組織から,はみ出しがちになる
といったことも多くあります。

 

よくよく考えると
モロボシ・ダン  も
ウルトラ警備隊時代は
他の隊員とは明らかに異質な
超人的能力ゆえに
浮いてしまっている場面も
散見されました。


そういった人材を上手に使って
チーム全体のパフォーマンス上げる
有能な管理職の方もいれば。

 

衝突して有能な人材を殺してしまう
無能な管理職の方もいると思います。

 

ドラマに戻って
最後に
佐藤隊員はヒマラヤへ雪男を探しに
MACを離れます。

f:id:agentaki007:20170720000732p:plain

 

この際
ダン隊長
佐藤隊員に対し敬語 ですし
ヒマラヤへの出発を温かく見送ります。

f:id:agentaki007:20170720000500p:plain


なぜ 隊長のダン
平隊員 である 佐藤隊員 に対して
敬語 なのか。
色々と考えてみると。

 

まず
ダン隊長
佐藤隊員 の卓抜した能力に対し
一目置いており
また性格もユニークなので
ゲンに勉強させるとともに
日頃のゲンと他のMAC隊員の
ギスギスして息が詰まるような
雰囲気から
ゲンに肩の力を抜いてもらうために
佐藤隊員をゲンに付けた。

 

このように考えられることが一つ。

 

他には
佐藤隊員 はドラマの台詞から
MACアジア本部で
ゲンに付く前には
アフリカに居たと言っています。
これは
アフリカ本部から異動になったのか
あるいは
ゲンに対し “ 先輩 ” といっているので
アフリカで暮らしていたところを
MACにスカウトされたのかは
わかりません。

 

仮に
アフリカ本部からの異動と考えると
実は地球防衛軍のキャリアは長く
ダンとは以前から面識がある
とも考えられます。

 

ウルトラセブン
第18話「 空間X脱出 」
パラシュート訓練のシーンに出ている
防衛軍隊員(演は同じく 東隆明) 

f:id:agentaki007:20170720001234p:plain

実は若かりし頃の 佐藤三郎隊員
ダンとは地球防衛軍時代から面識があり
その後
ダンはMACの隊長になるが
出世を望まない佐藤隊員は
MACへと組織が変わるが
平隊員としてアフリカなどで
活躍していた。

 

だから
地球防衛軍時代は新人だったダンが
今は上司と部下の関係だが
佐藤隊員に対し一目置いているため
あのような言葉遣いになった。

 

セブンとレオが連続した世界ならば
このように考えられなくもないですよね。

 

手柄の少ないMAC の中でも
地味ですが
佐藤隊員 の活躍は光るものがあります。

 

それから
MACの活躍 といえるのか
意見が分かれますが
5話「 男と男の誓い 」 
ダン隊長マッキー3号
ツルク星人 を蹴散らすシーンがあります。
この場面の BGM
ウルトラセブンの歌
インストバージョン が流れます。

 

僕は
根が  ウルトラセブンファン ”
なので
この曲が流れると
“ 電気が走る ”んですよね。
この曲はセブンが劣勢の時には
流れません。

 

だから
40話
シルバーブルーメ の襲撃で
MACが全滅するシーン
ダンが基地に残ってゲンを逃がすときも
この曲が流れます。

f:id:agentaki007:20170720000715p:plain

裏設定では
ダンはこの後に
ウルトラの母に助けられるそうですが
僕は子供心に
この曲が流れている限り
ダンが死ぬはずはない
信じてました。


このように
レオも多くの名場面があります。

 

そして
自分が大人になった今
ウルトラマンレオ
改めて見ると
見応えがあり,かなり面白いです。

 

でも
40話 をもって
“ 百子さん ”
モロボシ・ダン
登場しなくなったので
“ オアシス ”
“ 支柱 ” が無くなった感があり
少し物足りなさを感じてしまいます。

 

まあ
円盤生物シリーズ 大好き!
という方もいますし
別世界として
切り離して見ると
いいかもしれません。

 

そう
ウルトラマンレオ
一貫した物語というのでなく
シリーズ といった
それぞれのパートに分けた
束の単位 で構成されていて
登場人物や
キャラクターの設定が
それぞれにあるので
ウルトラマンレオ ”  が好き
というよりも
“ レオの何編が好き ” といった
見方になります。

 

この シリーズの単位レオの特徴 であり
魅力の一つ
なっているのかもしれません。

 

~ 参考文献 ~  

DVDウルトラマンレオ Vol.3

DVDウルトラマンレオ Vol.3

 
DVDウルトラマンレオ Vol.1

DVDウルトラマンレオ Vol.1

 
DVD ウルトラマンレオ Vol.11

DVD ウルトラマンレオ Vol.11

 
ウルトラセブン Vol.5 [DVD]

ウルトラセブン Vol.5 [DVD]

 

以上
読んでいただき
ありがとうございました。