えかきのまどや 雑記帳

動物関係,本,映画など 趣味の雑記帳です。

技巧派超人らしいリズム !!

さて
キン肉マン 254話 ですが

 

ゼブラ VS マリキータマン 戦は
テクニックとスピードに長けた
両者らしく
序盤から速い展開で
試合が進んで行きます。

 

f:id:agentaki007:20180730031516j:plain

 

まず先手を取ったゼブラ
変形ブレーンバスター
パイルドライバー
そして
ゼブラ ヘルズ サブミッション
高度な技を繰り出して
マリキータマンを圧倒します。

 

f:id:agentaki007:20180730031519j:plain

 

しかし
試合巧者のマリキータマン
これらゼブラの攻撃を
凌ぎ切ります。

 

これに対しゼブラは
早々と奥義である
マッスルインフェルノ
仕掛けますが
羽根の付いている
マリキータマンには通用せず
マリキータウイング
軌道を変えられ
あっさりと破られてしまい
スープレックス
反撃の狼煙を上げられてしまいます。

 

f:id:agentaki007:20180730031522j:plain

 

ということで
今回は
技巧派超人らしい
テンポのいい
テクニックのみの回なので
こちらの読むスピードも
ページがパラパラとめくれて
あっという間に
終わってしまいました。

 

今回の見どころは
初っ端から
マッスルインフェルノ
破られたということでしょう。

 

f:id:agentaki007:20180730031525j:plain

 

キン肉マンの読者ならば
早々とフィニッシュホールドが
破られたとういことは
元々この
マッスルインフェルノ自体
未完成であり
完全版
今回お披露目されるのではないか !?

 

あるいは
羽根で軌道を変えられて
かわされていることから

 

ウォーズマン VS ペンタゴン 戦で
ウォーズマン
手こずっていた
ペンタゴンのスピードの象徴である
羽根をもぎ取ってから
フィニッシュに行ったように

 

ゼブラ
マリキータマンの
うっとうしい羽根や棘を
もぎ取ってから
再度
マッスルインフェルノ
かけるのではないか !?

 

といったような
予想が成り立つんだと思います。

 

ほかには
自然を味方につけてからの
新・必殺技というのも
考えられますが

 

マッスルインフェルノ
キン肉族三大奥義の一つであることを
鑑みれば
これを捨てるということも考えづらく
この技を基礎とした
完成形でフィニッシュかな !?
と思います。


次回はおそらく
マリキータマンの逆襲になる
と思いますが
マリキータマンは
ヘイルマンやギヤマスターと違って
技の引き出しが多そうな気がします。

 

今回はゼブラ
言いたい放題,やりたい放題
でしたが
マリキータマンの心理的揺さぶり
結構期待していて
悪役風なゼブラを
肉体的にもメンタル的にも
追い込んでいく
なかなか面白いのではないかな―。
といった展開を想像しつつ
両者の攻防を楽しみにしています。

 

次回のマリキータマンの反撃を
ゼブラは凌げるのか !?
来週の解き明かしを待ちましょう。


ところで
ヘイルマンやギヤマスターが
敗れたときに
哀愁がにじみ出ていたように
マリキータマンもそうなるのか !?

 

表情のないマリキータマンから
どうやって悲哀感を出すのか。

 

このあたりも見どころですね!

 


以上
読んでいただき
ありがとうございました。